ブログ

DESIGNART TOKYO2019[BIG EMOTIONS AWARD]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「DESIGNART TOKYO」は、世界屈指のミックスカルチャー都市である東京を舞台に、毎年秋に開催するデザイン&アートフェスティバルです。

今年も世界中からアート、インテリア、ファッション、テクノロジーなどさまざまなジャンルのモノやコトが集結し、10/18から10/27までの10日間、都内各所が多彩な作品で彩られました。

【TOKYO TRANSFORMED INTO A MUSEUM 東京の街全体がミュージアムになる10日間】

最終日前日の10/26には、全出展者300以上のブランドやクリエイターの中から「BIG EMOTIONS AWARD」として、3組が選出。

一目では気づけないような事象に目を向け、日々トライ&エラーを重ねているデザイナーやアーティストへ」と、今までにないトロフィーを完成させるべく、今回PROGRESS も協力させていただきました。

AGCの厚さ1ミリの化学強化ガラスに、PROGRESSのナノレベルのチタンコーティングで、表面は淡いゴールド/裏面はカラフルなグラデーションが現れるようになっています。

ガラスの精密洗浄を経て、多層膜による積層をナノレベルで繰り返しコントロールすることで生まれた色彩は、表裏に色が見えるものの実際にコーティングをしているのは片面のみ。

光の屈折と反射を利用している為、別のガラスを使えば同じ条件でもこの色にはなりません。

世界に1台しかないPROGRESS のオリジナルコーティング装置と、このガラスだからこその、この色。

そして光にかざせば、ガラスであることを思い出させてくれるような透き通る輝きを見せてくれます。

数ナノ刻みで膜厚をコントロールすることにより生まれた、オーロラのようなグラデーションは、見る角度はもちろん、空間の色、明るさによってその姿を変化。

デザインとアートの両方に見られる完璧なコントロールによる美と、非コントロールによる偶発的な美のふたつの側面が、ガラスの表裏を使って表現されています。

「このトロフィーを手にした人たちの未来が、輝くものになるように」と。

そんなプロジェクトに携わることができたことを、大変光栄に思います。

「美しい」に、境界線はない をコンセプトに、これまでにない、刺激的かつ繊細な新しい提案として、PROGRESSはこれからも活動していきます。

【DESIGNART TOKYO 2019 BIG EMOTIONS AWARD】Congratulations to the great exhibitors “M&T, Okurayama Studio and Jerusalem…

DESIGNARTさんの投稿 2019年10月26日土曜日

デザイナー:吉田真也

各協力企業

GLASS:AGC

COATING:PROGRESS

PAPER:竹尾

PRINT:ショウエイ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る