Real 素材感を活かす

Real
素材感を活かす

塗装やその他のメッキは、素材そのものの質感を表現できずに平らな面となってしまいます。 しかし、弊社の技術であればミクロンレベルの段差や模様なども消すことなくメッキができます。

この技術を応用して 金属にあるヘアーラインや素材に施した模様、またエッジの効いたデザインなど 今までデザイン時と仕上がり時とのギャップで悩まれていた解決策となります。

lmp0005-001_m

ポリカシボプレートメッキ
素材表面の異なる凹凸も表現。
木材クロムメッキ
木材なのに金属のようにみえる。
クッション材樹脂クロムメッキ
樹脂板が金属板と同じ風合い。
金属ブラックメッキ
切削目まで残すことができる。
エラストマー樹脂曲がるメッキ
素材にキズを施しビンテージ感。
スノボ道具クロムメッキ
樹脂の表面が平坦なら輝く。
発泡スチロールブロックメッキ
スチロールがコンクリートのように。
ゆず肌PP樹脂製品
シボ、ゆず肌も残せる。
反射鏡メッキ
鏡面であれば、反射鏡。
ガラスチタンコート
ガラスであれば、ミラーに。
FRPカーボンクロムメッキ
FRPカーボン目が活きる。
サングラスフレームプラスチックメッキ
下地処理により様々な表現。


Θ デザイン技術 Θ

今まで不可能だったデザインが可能になる。

こんなことができます。

質感を変えることなく可能なメッキ。光を透けることが可能なメッキ。軟質材に追従する曲がるメッキ。角度で色が変化する干渉色メッキ。大型スパッタリング装置にて対応。単品からOK。今までに無かった、出来なかったデザインの表現が可能。マスキングによる部分メッキも可能。ガラスに樹脂にできるから金属でないものを金属に見せることも可能。
li22_18

Half mirror ハーフミラー

SunFly half mirror
光の反射と透過と屈折を利用した技術です。 例えば、刑事ドラマなどにあるA室にいる人を
B室からこの人を見たことがありますか。というシーンを拝見したことがありませんか。
これは、取調室が明るく、別室が暗いため光の不思議な現象で
A室からは、鏡に見え
B室からは、透けて見えます。

この技術を応用して
中にライトやモニターを設置し、点灯していない時は鏡のように見え点灯している時は
光が見える ライトカバーやシェード、スイッチカバー等に利用されています。

詳しくは▶

li22_18

Flexible 曲がるメッキ

SunFly flexible 曲がるメッキ
膜厚をナノレベルで制御できる技術により金属なのに曲がることが可能です。

この技術を応用して
プラスチックを金属のようにみせ実は曲げることができたりできる不思議な製品を表現できます。

詳しくは▶

li22_18

Color plating カラーメッキ

SunFly color
膜厚コントロール+光の制御により様々なカラー表現ができます。
通常のカラーメッキは、塗装や染色により色調を出しています。身近なものですと絵具と同じです。
しかし、弊社の技術は光の干渉を利用しておりますので上記の方法では表せない干渉色ができます。

この技術を応用して
シャボン玉のようなレインボーカラーやグラデーションカラーメッキなどの
塗装やそのほかのメッキでは不可能な意匠性が高いオブジェや美術品に活用されています。

詳しくは▶

li22_18
Real 素材感を活かす

SunFly real 素材感あるメッキ
塗装やその他のメッキは、素材そのものの質感を表現できずに平らな面となってしまいます。
しかし、弊社の技術であればミクロンレベルの段差や模様なども消すことなくメッキができます。

この技術を応用して
金属にあるヘアーラインや素材に施した模様、またエッジの効いたデザインなど
今までデザイン時と仕上がり時とのギャップで悩まれていた解決策となります。

詳しくは▶

 

成膜について
金属、樹脂、ガラス、紙、繊維、FRPなどにチタン、クロム、アルミ、スズ、銅、等これらの窒化物、酸化物も可能。
お気軽にお問い合わせください。



ページ上部へ戻る